全ての人の生活に役立つ最新情報を「困った時にきっと参考になるサイト」で多数ご紹介しています。

困った時にきっと参考になるサイトブログ:17年11月01日

こんにちは~。

昨日は、なかなか寝つかれませんでした。

昨日、兄が酔っぱらって帰ってきて・・・
親が大激怒。

アマチュア無線技士合格して、仕事を探すとか言いながら、
ニートだからね。

ま、不景気だから仕方ないかもしれないけど、一応
仕事の話は来ているみたい。

あさから腕立てするぞ!!って、
たたき起こされていたよ(笑)

ま、自業自得ってヤツだけど。

1週間ほど前も明け方にご帰宅で・・・午前中に
起こされるのは辛いけど、4キロ成長したし、
ダラダラと金萬ラーメンが食べたいと思えば食べてる
兄に・・・親も怒るのもわからないことではない。

みなさんも30過ぎて、実家でウダウダしてたら・・・
怒りますよね。

しかも、ケアマネージャー勉強中は不健康。

朝に起きると言うより寝る生活!?

でも、職場がなくなっちゃったんで、親も仕方ないってカンジ。

千葉とかに買い物に付き合わされると、わたくしは
愚痴聞き係。

とはいえ、そんな状態で追い出しても、仕送りが大変なだけ
だもんね。

楽してボノラートやトマト寒天
だけで痩せようと思っている兄は甘い・・・

とはいえ、きちんと将来的なことも考えて、きちんと就職を
しようと思っているみたいで。

なかなかそんな気持ちは通じないところなのかな。

ネパールに行って仕事する!とか突然言い出さないだけ、
良いかなーとか思うけどね。

ま、そんな勇気はないと思うけど(笑)

「金はなくても付き合いはある!」

ちなみにコレ・・・兄の名言です(笑)

ごもっとも・・・

秋葉原 賃貸おすすめ
https://www.townhousing.co.jp/shop/akihabara/

虎ノ門ヒルズ バー、今すぐ
https://www.andaztokyo.jp/restaurants/jp/rooftop-bar/

aws データベースは当サイトへ
https://cloudpack.jp/service/plan/database.html

奈良美智
http://galerie-h.com/itiran/youga/116.htm

摂取カロリーがそれほど多くなくても、
食べ方が悪いだけで太ってしまうことってあるんですよね。

シェイプアップする上で、悪い食べ方を続けていたのでは
スムーズに行かないこともあります。

食べ方を改善して、上手にシェイプアップしましょう!

まず、食事と食事の間が長いと、からだの防衛機能が働き、
次の食事で多く栄養を体にため込もうとします。

なので、長時間の空腹状態をさけ、
朝方14時晩だいたい決まった時間に食べましょう。

24時は副交感神経の働きで脂肪をため込みやすくなっているので、
特に夕食を23時遅くに食べている人は気をつけましょう。

また、
ゆっくり味わうことで、食事をしているという満足感を自分に与え、
食べ過ぎを防ぎましょう。
なるべく噛む食材を使ってライスを作るのが効果的よ!

実際、ごはんを食べ始めてから、血糖値があがって、
満腹中枢が満腹と感じるまでには、約20分間かかるそうです。

早食いをしていると、脳が満腹と感じる前にどんどん食べてしまい、
気付いたらお腹がいっぱいで苦しい!食べ過ぎた…
なんてことになってしまいます。

そうならないために、ライスはよく噛んでゆっくり食べましょうね!

そして、
テレビを見ながらや雑誌を見ながら食べている場合、
無意識に食べていることが多く、
かなり食べていても、自分ではそれほど食べていないと思いがちです。

しかもこのようなときに食べているものは、
お菓子などが多いので、
とても高カロリーになっている場合が多いのです。

癖になって何か口にしていないと気がすまないという人は、
ガムを噛んだり、飴をなめたりして改善しましょう。

ほんのささいなことでも、
やるとやらないとでは、ダイエットの成果が大きく違ってきますよ!

鷺沼 賃貸の最新情報
https://www.townhousing.co.jp/shop/saginuma/

aws データベース
https://cloudpack.jp/service/plan/database.html

棟方志功はここ
http://galerie-h.com/itiran/youga/92.htm

tokyo bar
https://www.andaztokyo.jp/restaurants/en/rooftop-bar/

おっはー

今日はどういうわけか、モチベーションが高いです(笑

朝は寒くて起きられない今日この頃です。

寝ても寝ても眠たいのは冬眠時期だから?

仕事のことで考えてしまうと眠れなかったりもするけど、
どんな日でも朝が辛い・・・

8時から張り切って肩凝り体操している
姿をみると、感心してしまいます。

寒くて体が動かないあたくし。

友達にエフェクトを飲んでも
血行が悪ければ意味がないって言われたことあるし。

代謝をよくしないと、どんなに効果があっても、半減
してしまうんだってね。

そもそも休みの朝方なんて寝ているし。

待ったり過ごそうも限度がある(笑)

4日は図書館に行く約束があるから、
起きなくちゃいけないけどね。

ちらし寿司をおごってあげるからーと言われて、
負けたんだけど、友達が告白をするんで、その付き合い。

みんなで遊びに行くから、チャンスを作ってあげなくちゃ
いけなくて、意外に責任重大!

晴天かどうかが気になるところ。

一週間前、お誘いがあったけど、そんな任務まで
あるとは・・・。

普段から付き合いのある友達数人で行く予定なんだけど、
いつもみんなで飲み会とかするから、なかなか告白とか
しにくいんだよね。

ある意味映画は凄く楽しみなんですけどね。

メールとかで告っちゃえとかいうんだけど、難しいみたい。

ま、今回は、誕生日ということもあって、告白もしやすいし。

オレの方が、なんかドキドキしちゃいます。

おしまい!!!

松戸 賃貸の方法
https://www.townhousing.co.jp/shop/matsudo/

aws バックアップの最新情報
https://cloudpack.jp/service/setup-and-operations.html

ディズニークルーズの最新情報
https://www.best1cruise.com/B/DIS/

関東学院高等学校チェック
http://matome.naver.jp/odai/2142596038906878901

おはようございます!(´・∀・`)ノ

最近、シェイプアップをする時に、
炭水化物を天敵とする傾向が強くなっているような気がします。

炭水化物は消費されないと
体脂肪という形で貯蔵をされてしまうということが
知られるようになってから、
その傾向が強くなっていると思うんです。

確かに、過剰に炭水化物を摂取することは
シェイプアップの見地からみると逆効果につながりかねません。
でも、あくまでも「過剰に」摂取した場合なんですよね。

おいらの周りにも、
「炭水化物抜きダイエット」をしている友達がいますが…
私は、炭水化物を全く抜くダイエットというのは
危険だと思います。

その理由は、脳との関係にあります。

脳というのは、エネルギーを貯蔵することができません。
ですから、常に栄養分を供給する必要があります。

脳というのは特殊な組織で、
ブドウ糖でないとエネルギー源として使うことはできないそうです。
ブドウ糖というのは、炭水化物を分解したときにできるものですから、
炭水化物をご飯から極端に減らすことは、
脳にとって危機につながりかねないのです。

実際、
ご飯から炭水化物を極端になくしてしまうと、
頭がボーっとすることがあるといわれています。

頭がうまく回転しないのは、
炭水化物の供給が減ったことで、
脳が栄養不足を起こしている可能性があるんですよね。

どうしても、体脂肪が気になるという人は、
12時間、活動する時間帯に炭水化物を摂取するようにしましょう。

炭水化物は、すぐエネルギー源として活用されます。
なので、活動的な14時間に食べても、
すぐに消費される可能性が高いです。

減量も大事ですけど、
体質や脳の健康の方がもっと大事なんじゃないでしょうか?

おしまい!!!

武蔵小杉 賃貸の紹介
https://www.townhousing.co.jp/shop/kosugi/

aws 保守へ
https://cloudpack.jp/service/fullmanaged.html

元永定正の案内
http://www.galerie-h.com/itiran/youga/94.htm

ウォーターサーバー
http://www.frecious.jp/

結婚して数年経って、
平穏な連日を送っている今も、
わたくしにはしばしば眺めている数枚の写真があります。

それは
ママと幼いミーが写った数枚の記念写真。

難波の街角で、青い染め抜きの花模様の着物を着て、
微笑む母のそばでにっこりしているおかっぱ頭のわたくし。

どこまでも広がる黄色い菜の花畑で、
花に顔をうずめている小さなあたくしと、
それを見守るお母さんの優しい笑顔。

長い一本の道を、
手をつないで歩いていく母親とぼくの後姿…

子供の頃の思い出の横にはいつもお母さんがいて、
おいらはこんなにも母親に見守られて、
育まれてきたのだという実感が、いつも心を暖かくしてくれます。

でも子育てをしてみて
私は初めて気がついたことがあります。

それは、
お母さんとの思い出の数々を今日の日まで残してくれたのは、
そのフレームの中にはいない父だったということ。

不思議なくらい、今の今まで気がつかなかった…

子どもが生まれて、
おれがカメラを持つようになり、
アルバムを作ってみれば…

そこには、
お子様を抱く旦那、
娘をお風呂に入れる主人、
息子を娘寝かしつける主人…

おいらとの写真なんてまるでなくて、
これじゃ将来うちの女の子はあたしが育児放棄をしたと思うかなぁ…なんて
苦笑いしています。

写真という記憶の不思議。
フレームに存在しないという、存在感。

「気づくのが遅くなっちゃいましたね。お父さん」

でも間に合って、よかった。
今までずっと、ありがとう…

控えめな父親の深い真心に、
ぼくは心から感謝しています。

パパのおかげで、
わたくしもママも幸せな思い出をいつまでも
抱き続けることができるんですね。

鷺沼 賃貸
https://www.townhousing.co.jp/shop/saginuma/

虎ノ門ヒルズ バーのことなら
https://www.andaztokyo.jp/restaurants/jp/rooftop-bar/

aws サービスの紹介
https://cloudpack.jp/service/plan/

アート買取はこちら
http://galerie-h.com/index.htm

皆さんは、
減量というと、
「ご飯制限」ということが
真っ先に思い浮かぶんじゃないでしょうか?

食事の回数を減らすとか、食べる事を抜く…といった、
過酷なシェイプアップをイメージする方も
少なくないのではないでしょうか。

ところが
普通に推奨されているダイエットでは、
1日3食の規則正しい食べる事を
求めている場合が多いんですよね。

もちろん一食一食あたりのご飯の量についても、
極端に少なくするという必要もありません。

シェイプアップ中にこそ
規則正しく食事する必要があるのには、
それなりの理由があります。

おれたちのからだは、
しばらく栄養分が入ってこないと
「今、飢餓の状況下にある」と誤解をしてしまいます。

ご飯に含まれている栄養分が生きるために必要不可欠。
なので、
食べ物が入ってこないということに、
非常に敏感に作られているのです。

飢餓状態と判断した直後のご飯では、
とにかくできるだけ多くの栄養分を体の中に入れようとします。
次にいつ食べ物が入ってくるかわからないからです。

そのため、1日2食と3食とでは、
同じ量の食べ物を食べていても、
2食の方がより効率的にエネルギー摂取を行います。
結果、太りやすい体質になってしまうわけです

食事抜きダイエットという方法が注目されがちですが…

あたしたちの肉体の特性から考えると、
食事の回数を減らすダイエットというのは、
効果的ではないんですよね。

適量で規則正しいご飯のほうが、
減量には効果的なんです!

しっかり食べた方が、痩せやすい体になるんです!

武蔵境 賃貸、今すぐ
https://www.townhousing.co.jp/shop/musashisakai/

awsへ
https://cloudpack.jp/event/aws-consultation-meeting.html

絵画買取について
http://galerie-h.com/index.htm

チャペルウェディング、今すぐ
https://www.andaztokyo.jp/wedding/venue/

こんばんは

元気がゼロでーす。

今日は寝不足です。

弟が大学受験のため、わしもエックス線作業主任者でも
勉強しようかと思ったけど、思っただけで終わりました。

22時に帰ってきて、そんな余裕がない。

受けるまでにどれだけ時間がかかってしまうやら・・・で、
勉強しているうちに、最初の方のが頭から抜けてしまいそう。

息抜きにペルヴィスダンスや柔軟

なーんて真似をしていたら、うでが・・・
脳みそが・・・ってカンジ。

スピルザDだけで!とか
寒天ラーメンがあれば・・・とか

そーいう方があたくしは好きですww

ま、10kg太ろうが痩せようが、あまり気にしないけど、
会社の人で、太って足腰に負担がきて、足を引きずっているのを
見たら・・・ちょっと考えさせられました。

といいつつ、その日の夜は野菜餃子食べてたけど。

仄々しようと思うと、最近パパさんにちょっとは
動いたら?とか出かけたら??って言われるから、
1週間は大阪駅へ行って来ようと思ってます♪

居酒屋へのお誘いww

それはそうと、最近パソコンのキーボードのうちのいくつかが
入り込んでへっこんだままになってしまうんだよね。

スリムタイプっていうか、薄いタイプなんだけど、まだ買って
3か月くらいなのね。

いくら消耗品とはいえ・・・ちょっとひどくない??

こういうのって、クレームを言えば、交換してくれるものなのかな。

しかも、キーボードの文字は消えているし。

とは言っても、消えているところが凹むわけじゃないからまた不思議。

メーカーに言ってみるべきか・・・悩むところです。

川崎 賃貸の専門
https://www.townhousing.co.jp/shop/kawasaki/

aws
https://cloudpack.jp/event/aws-consultation-meeting.html

茶道具買取のこと
http://www.galerie-h.com/itiran/etc/index.htm

ウォーターサーバーのこと
http://www.frecious.jp/

ひょんなことから、
オレと嫁は
1週間ほど前2歳になったばかりの子供を連れて、
とある高級ホテルのレストランで夕方食を食べることになりました。

しかし、落ち着いてごはんを食べていられるはずもなく、
だんだんと息子がグズリはじめました。

スプーンで皿を叩いてみたり、
ご飯をボロボロこぼしはじめました。

だんだんとイスに座るのも嫌がり、
俺たち夫婦は、他のお客さまの迷惑にならないようにと、
早食い競争をするかのごとく、口に食べ物を詰め込み、
できるだけ早く店から出て行こうとしました。

実際、最後のデザートが出てくる前に、
会計を済ませて退店したところ、
店のスタッフの方が
わざわざデザートがあることを教えにきてくれました。

わたくしたちは、
「他のお客様の迷惑になるので…」
というと、
「そのようなことは、気になされないで下さい。
離れた席に果物をお持ちしますので…」
と言って、
自然に店に戻る流れを作ってくれました。

小さな子供がいると、
周りに遠慮してしまうことが多々あります。

お子さんのペースに合わせるために、
行動が遅かったり、子供がグズッたりして、
他の方にできるだけ迷惑にならないように…と
気を遣ってしまいます。

ましてや、
高級ホテルのレストランの静けさの中では、
なおさら、そのような気持ちになってしまいます。

もちろん、息子が悪いわけではありません。
俺たちが、そのような場所にいかなければいいだけで、
むしろ、子どもにしたらいい迷惑だったかもしれませんね。

しかし、そのようなシチュエーションで、
ぼくたちのネガティブな気持ちを拾い上げて、そして、
ぼくたち親子にも他のお客様にも一番ベストな環境を作って下さったことに、
いたく感動してしまいました。

門前仲町 賃貸の案内
https://www.townhousing.co.jp/shop/monnaka/

aws データベース
https://cloudpack.jp/service/plan/database.html

奈良美智ナビ
http://galerie-h.com/itiran/youga/116.htm

住宅会社
http://www.aqura.co.jp/

上に姉貴、下にいもうとという3人兄弟で育ち、
その中でもひと際食べ物に関して執着するのはミーでした。

特に、カレーライス、ハンバーグといった洋食は大好物で、
母の料理が完成間際になると台所に駆けつけ、
盛り付け終わった料理の中から
一番大きいものを自分のお皿に持っていったものです。

よく妹の料理を横取りしては
お母さんにこっぴどく怒られました。

おいしそうなものは
自分の物にしたいという欲求が強かったのでしょう。

身体はガリガリでしたが、食欲は旺盛で、
この頃の「食」への欲求が、
今の食事に対するこだわりにつながっているのだと思います。

小学生時代から、
娘が家事を手伝うのが当然だったわしの家では、
日曜日の10時食は、息子たちが担当するという決まりでした。

最初の頃は、
出来合いのコーンポタージュの素などを料理していたのですが、
だんだんと楽しくなって、いろいろ工夫するようになりました。

料理本を持ち出してきては、
例えばコーンポタージュを作るにしても、
ダマができないようにどうすればおいしく作れるか、
お子さんながらにいろいろ考えました。
料理の知恵がだんだんとついていった頃でした。
 
高校生になると、
あたくしはやることがエスカレートしていき、
ファッション誌なんかで
「もてる男はカレーを作る」という記事があれば、
その通りやってみたり…

カレーライスを作る時も自分でスパイスを調合したり、
オレンジを絞って入れてみたり…
いろいろ工夫しました。

単に女性にもてたいという気持ちもありましたが、
混ぜて味が変わることがおもしろくて、
とても興味深かったのを覚えています。

武蔵境 賃貸おすすめ
https://www.townhousing.co.jp/shop/musashisakai/

awsの案内
https://cloudpack.jp/event/aws-consultation-meeting.html

棟方志功
http://galerie-h.com/itiran/youga/92.htm

東京 ガーデンウェディング
https://www.andaztokyo.jp/wedding/venue/

まだ新米の父と母親だったわたくしたちが、
抱っこすれば筋肉痛、泣く度にあたふた、
オムツ替えの時、緑色のうんこが出てきただけで
大騒ぎしていた頃…

ムスコが生まれて7日間が経ち、退院の日となった。

一応、入院中に、ミルクの飲ませ方、入浴方法等、
基本的事項は伝授されていたが、
こんなに小さくてか弱い存在を、
果たして自分たちだけで育てていけるのか、
あたくしは心中穏やかではないどころか、嵐が吹き荒れていた。

家に帰って、我が家で初めてのミルクの時間。
奥さんがおっぱいを飲ませた後、
哺乳瓶でミルクを飲ませるのがオレの役目だ。

吸い口をむすこの口に当てると、
男の子は吸い口にかぶりつき、勢いよく飲み出した。

小さいながらも、
一生懸命ミルクを飲む姿に、思わず目頭が熱くなる。
ましてや、自分のおっぱいを飲ませるお母さんにしてみれば、
何よりも愛しい存在に思えるだろう。

ほっとしたのも束の間、
ムスコは飲まなければいけない量の半分で飲むのをやめた。

鼻と口の間を、吸い口の先で
ちょんちょんと刺激しても何の反応も示さない。
病院では、これぐらいの量は楽勝で飲んでいたのに…

わしは何度も呼びかけ、肉体を揺すったりしてみたが、
やはり男の子は無反応である。
わしの身体中から、変な汗が噴き出してきた。

妻が慌てて駆け寄り、
息子を抱えあげ何度も呼びかける。
二人して、大声で何度も呼びかけた。
もう涙が出てきそうだ。

私は動転している頭の中で、
病院でのやり方と何か違った点がなかったか必死に考えた。
いや、何も違ったところはない。完璧だ。

ミーは、ムスコの鼻先に耳を当ててみた。
「スースー」
むすこの気持ちよさそうな寝息。

ウエストがいっぱいになり、
ムスコはただ寝ていただけだった。

秋葉原 賃貸、今すぐアクセス
https://www.townhousing.co.jp/shop/akihabara/

aws プラン
https://cloudpack.jp/service/plan/

白髪一雄
http://galerie-h.com/itiran/youga/54.htm

住宅会社ならクリック
http://www.aqura.co.jp/

おはようございます

きのうに、いとこが大学に合格したため、
うちに居候が決定しました。

実家は、結婚してスリランカ転勤になった
兄弟もほとんど帰ってこないし。

3日に荷物をまとめるのを手伝って欲しいって
連絡があった。

あたくしの部屋に荷物をまとめて、物置にするとか。

帰れない家・・・になるね、こりゃ。

給料減ったし、実家へなんて甘い考えもできなくなり、
クレーン運転士合格でキャリアアップと言ってる
友達もいるから、何かおれも考えなくては。

リケンの玄米コーヒー飲んで健康♪

ゲルマニウムに行って元気♪♪

なーんて言ってる暇もなくなりそう。

とはいえ、夕方までとか時間がきっちりしている
仕事でもないから、4kg太って背中も(汗)

いーなー、大学かー。

楽しそうだよねー。

高校の時は、よく友達と渋谷に行ってブラブラしたけど、
今は休みは昼寝でもしようとか思うし。

こないだ遊園地に言ったけど、思いっきり疲れたし。

ママさんにも、知らないうちに年は取るっていわれて、
ちょっと納得。

金萬ラーメンが食べたいなーって思った時に、
17時に友達を誘うより我慢が増えたし。

大学行って、やりたいことや夢があるって凄く良いなって
最近になって思うことがある。

とりあえず、やりたいことがなくて、ここまで来てしまった・・・
ってカンジだし。

夢を現実にして、仕事に就くって本当によい事だとね。

うらやましいと思う。

というか、尊敬するって言った方がよいのかな?

どんとはれ

門前仲町 賃貸
https://www.townhousing.co.jp/shop/monnaka/

awsならおまかせ
https://cloudpack.jp/event/aws-consultation-meeting.html

奈良美智の専門
http://galerie-h.com/itiran/youga/116.htm

andaz tokyoおすすめ
https://www.andaztokyo.jp/restaurants/en/